「京のみどり」情報:市民のみなさんとともに京都の緑を育てていく広報誌です。

  1. HOME
  2.  > 都市緑化協会TOP
  3.  > 京のみどり情報
  4.  > 緑化の取り組み 緑の応援団
  5.  > 林業女子会@京都(中京区)

緑化の取り組み 緑の応援団

林業女子会@京都(中京区)

「”女子”ならではの目線で 林業をアピール」

 

 後継者の不足や、国産材の使用の減少で、山の手入れが行き届かなくなるなどの問題を抱える日本の林業。その林業に関心を持ち、様々な形で関わる女性たちが集まるグループ「林業女子会@京都」が、林業の活性化を目指して、京都から独自の取り組みを行っています。

林業女子会.jpg

 

 大学生などを中心として、林業の現場で働く人や建築家など10〜60代のメンバーで構成され、現在約30人。当初は、京都で活動する林業サークルの代表らが、女性ばかりだったことから、「“女子”の力で、林業を盛り上げたい」と代表の岩井有加さんを中心に、十数人のメンバーが集まりました。

 

 会では、主に“林業から最も縁遠い都会の女子”に対して、林業をPRし、知ってもらうことを目的に様々な活動を行っています。その一つが、フリーペーパーの発刊。ファッション誌のような感覚で気軽に手に取れるようにと、第1号の表紙はピンク色で統一し、市内のカフェや美容院などに5,000部配布しました。内容は、木材を使った身近な製品や薪ストーブの紹介、現場で働く“林業女子”のインタビューやバレンタインの特集など、女性ならではの視点で林業の魅力を紹介。編集長を務めた山北絵美さんは「林業について知ることで、都会に住む女性たちが、暮らしの選択の幅を広げてほしい。それにより森が利用され、森に手が入り、植生の多様化にもつながります。」「40年、50年と長いスパンで木を育てる林業のように、都会にいる私たちも次の世代のことを考えて、都会も豊かに、山も豊かになるような行動を起こしていきたいです。」と語ります。

野外イベント.jpg


 会では、他にも林業体験イベントや月1回の「林業カフェ」と呼ぶ木や森に関わる暮らしの提案などを行っています。今まで林業に全く興味のなかった人でも気軽に参加してほしいとメール(fg.kyoto@gmail.com)やブログ(http://fg-kyoto.jugem.jp/)から参加を受け付けています。

ページ上部へ

Copyright (c) KYOTO CITY GREENERY ASSOCIATION
All Rights Reserved.