宝が池プレイパーク

  1. HOME
  2.  > 宝が池公園 子どもの楽園TOP > 宝が池プレイパークとは

宝が池プレイパークとは

子どもたちが「自由なあそび」を作る場、やりたい気持ちを実現する場所です。
子どもたちの発想でさまざまなあそびが展開され、日々変化を続けるあそび場なのです。禁止するのではなく、自分で考え、創造し、やってみる。「自分の責任で、自由にあそぶ」がモットー。失敗もこわがらずに進んでいくことで 責任をもって行動し、やりとげる力、生きる力をはぐくみます。

京都市都市緑化協会では、梅小路公園「ふれあい広場」と宝が池公園「子どもの楽園」の2箇所を拠点にプレイパーク事業を行っています。

写真:宝が池プレイパーク

宝が池プレイパークの特徴

'里山'の中のプレイパーク...雑木林は宝船!
豊かな森に包まれ、そばには高野川が流れる宝ヶ池そこではさまざまな生命とのであいが待っています。
四季の移ろいの中で、木々や花は彩を変え、多くのいきものが集います。
その息吹をからだ全体で感じて、自然をよむ力と、知恵と感性が育まれていきます。
世代を超えて...みんながともだち そして先生
子どもの楽園は '家族・3世代で訪れる場''幼児から高学年が集う場' そこに学生や経験豊富なプレイリーダーたちも滞在します。
自然に、異世代との交流が生み出され、昔ながらの技や知恵、斬新な発想などが世代を超え、行き交います。
家族の絆をはぐくみながら、だれもがこころを通わす場です。

写真:宝が池プレイパーク

開催案内

今月の日程表はこちら

通常プレイパーク

毎週日曜(月曜日・年末年始を除く)開催
10時から15時半(12~2月は15時まで)

自由で創造的なさまざまな'あそび'を楽しみます!
家族、ここでであったおともだち、リーダー、みんなが仲間一緒におもいっきりあそびましょう!

●道具をつかった、自由なあそび・昔遊び
(コマやフラフープなどを貸し出し)
●紙飛行機
●実・葉っぱ・小枝のクラフトや楽器づくり
●ドッジビー
●ゲーム
● 季節のお話し会など

あらたなあそび道具もどんどん登場しますよ!

  • 通常プレイパークイメージ
  • 通常プレイパークイメージ

自然あそび教室

第1土曜:2~3時間のじっくりプログラム 午後1時から(※「自然あそびくらぶ」の活動日です。)
自然あそびくらぶメンバー募集はこちらから

第3土曜:午前11時、午後1時半から
約1時間のショートプログラム

※第1土曜・第3土曜とも、季節やプログラムの内容によって変更の場合があります。  雨天の場合は室内でできるブログラムを行います。

プレイパークの森や宝ヶ池公園をフィールドにあそびを通じ楽しみながら、自然の魅力とかかわり方を身につけていきます。
自然や文化への理解を深める多彩なプログラムを展開中。

●ゲームやクイズを通した植物や虫・野鳥のいきもの
●植物の管理・育成による、プレイパークの森の魅力アップ
●自然のめぐみをつかったアートや草木染などなど

'観察・手入れ・生きもの環境づくり・活用'までがつながる『森の循環』に則した活動をすすめていきます!

  • 自然あそび教室イメージ
  • 自然あそび教室イメージ季節のプログラムの様子

自然あそび教室 年間予定表

・平成21年度・平成22年度実績

PDFダウンロード

宝ケ池プレイパーク

通常プレイパーク
毎週日曜日・祝日、10時〜15時30分
自然遊び教室
第1・3土曜日
  • プレイパークとは
  • ニュースレター
  • プレイリーダー募集
  • 自然あそびくらぶメンバー募集

イベントカレンダー

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  • [PR]

ページ上部へ

Copyright (c) KYOTO CITY GREENERY ASSOCIATION
All Rights Reserved.