宝が池公園

宝が池公園と子どもの楽園

宝が池公園は、京都三山の一角をなす小高い山に囲まれ、五山の送り火のひとつ「妙法」が南面にあります。古くから、薪や炭を採る里山として、人々の暮らしと深く関わってきた、四季の自然が美しい公園です。
公園のほぼ中央にある宝ケ池を中心として、雑木林や草原、公園の北東を流れる高野川や岩倉川、もともとの谷の地形を利用して整備された面積約62.7ヘクタールの総合公園で、子どもの楽園はその東の端に位置する広場です。

宝が池公園の風景

春
4月には「桜の森」や園路沿いなどでサクラが開花し、林の中ではコバノミツバツツジが花を咲かせ、ピンクのトンネルを作ります。新緑の時期には、コナラの新芽が銀色に輝き、林は新緑のかおりで満ちます。
写真:春の宝が池公園イメージ
夏
6月には「菖蒲園」で多くの品種のハナショウブが咲きます。林の中は、爽やかな緑陰を作りだし、セミやカブトムシなどの昆虫が見られます。夜には長代川付近でホタルを見ることもできます。
写真:夏の宝が池公園イメージ
秋
クヌギやアラカシ、コナラなどで構成される林の中では、ドングリが落ち始めます。紅葉の季節には、様々な樹種が織り成す赤や黄色の美しい景色が見られ、落ち葉の絨毯が広がります。
写真:秋の宝が池公園イメージ
冬
紅葉が終わり、葉が落ちた林の中では、ツグミやジュウビタキなどの冬鳥が飛び交います。池ではオシドリなどの水鳥が見られます。寒い年には池が凍ったり、真っ白の雪景色に包まれる日もあります。
写真:冬の宝が池公園イメージ

宝ケ池プレイパーク

通常プレイパーク
毎週日曜日・祝日、10時〜15時30分
自然遊び教室
第1・3土曜日
  • プレイパークとは
  • ニュースレター
  • プレイリーダー募集
  • 自然あそびくらぶメンバー募集

イベントカレンダー

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • [PR]

ページ上部へ

Copyright (c) KYOTO CITY GREENERY ASSOCIATION
All Rights Reserved.