京の庭を訪ねて:庭園を通じて京都の「緑の文化」に触れてみませんか?

  1. HOME
  2.  > 都市緑化協会TOP > 京の庭を訪ねて

「京の庭」は京都の誇る緑の文化

京都は 1200 年という永い時間のなかで数多くの庭園が造られてきました。
歴史のなかで失われた庭園もありますが、現在でも質の高い素晴らしいものが数多く残っています。
それらの庭園は、都市において貴重な緑地となり、植物を育成する場となっているほか、
伝統的な建築物や三山などの周囲の景観と一体となって、他都市に類を見ない優れた都市環境を形成しています。
庭園は、京都で独自の発展を遂げた茶道、華道、祭事、芸能などと深く関係し、「緑の文化」を形成してきました。
また、京都の庭園で培われた技術・技能は全国的に見ても極めて質が高いものです。
しかし一方で、「緑の文化」や技術・技能を次の世代に継承していくことが求められています。 
緑化協会は、優れた庭園の情報を発信するなど、「京の庭」の保全や文化継承に寄与したいと考えています。

今後紹介予定の庭園について

今後紹介予定の庭園について

京都市都市緑化協会は 250 件を超える庭園データベースを所有しています。
今後、随時公開して参ります。詳しくは庭園リストをご覧ください。

庭園リストを見る

京のみどり情報

最新号(2018年夏 87号)

訪ねてみよう京の庭
圓光寺庭園
特集 ~水とみどりを学べばわかる~
伏見港今昔ツアー 【伏見区】
京のまちに雨庭をつくろう!
【第九回】「雨の道」と緑のネットワーク
【住宅街と雨庭その2】
協会ニュース
協会掲示板
京のくらしを彩るみどり
宝が池公園こどもの楽園
わくわく発電実験「ボルタ電池をつくってLEDをつけよう!」
おさんぽおやつ
きゅうりとチーズのサマーロール

ページ上部へ

Copyright (c) KYOTO CITY GREENERY ASSOCIATION
All Rights Reserved.