和の花を育て守る


ナミガタタチゴケ

ナミガタタチゴケ

(スギゴケ科 タチゴケ属)
別名タチゴケ。国内のみならず北半球に広く分布している。朔が深緑色で、葉の縁はやや波打っている。

ネジクチゴケ

オオバチョウチンゴケ

沢沿いの岩や水が常に滴り落ちる岩壁などに生育する。朱雀の庭では滝つぼ周辺の岩の上に見られる。

タチヒダゴケ

タチヒダゴケ

(タチヒダゴケ科 タチヒダゴケ属)
別名コダマゴケ。樹皮上などの乾湿の変化が大きな環境に育成する。

ヒジキゴケ

ヒジキゴケ

(ヒジキゴケ科 ヒジキゴケ属)
在来種。世界に広く分布する。密にマットを作り、湿った状態では緑褐色だが、しっかり乾燥すると白緑色になる。

エゾスナゴケ

エゾスナゴケ

(ギボウシゴケ科 シモフリゴケ属)
低地から亜高山の日当たりの良い場所に育成する。砂地などの乾燥する場所によく生育し、アカマツ林の尾根筋などにも出現する。苔庭にもよく使われる苔。

名前が入ります

名前が入ります

チョウジソウ

チョウジソウ

(キョウモクトウ科)

カザグルマ

カザグルマ

(キンポウゲ科)

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ

(センリョウ科)

イチリンソウ

イチリンソウ

(キンポウゲ科)

イカリソウ

イカリソウ

(メギ科)

キエビネ

キエビネ

(ラン科)

ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ

(シソ科)

藤袴と和の花展 企画

【特別企画展示】

【企画展示】

【体験ワークショップ】

【即売会・その他】

アクセス方法

会場について

地図